ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

スピードテスト(新宿休日夜編-その3・mineo(D)/0sim)

f:id:futo-c:20161226093754j:plain

タイミング的に「クリスマスの夜にぼっちでスピードテストを走らせに行ったのか?!」と捉えられそうではありますが、残念ながら(?)先週の唐揚げ珍道中の時に流れで測定した時の結果報告です。

hikiblo.hateblo.jp

先週の時点でも既に煌びやかなイルミネーションを背景にして写真を撮っている人が多かったので、去る3連休はきっとカップルで賑わっていたことでしょう。

 

f:id:futo-c:20161226094202j:plain

ご覧の通り、普通に綺麗でしたし。笑

 

さて今回のスピードテストは、前述の通り唐揚げ珍道中の終了直後に執り行っていますので、いつもの「新宿休日夕方編」ではなく編となります。

f:id:futo-c:20161226094411j:plain

「夜」の時間帯に測定を行うのはかなり久々で、遡ると2月以来10か月ぶりとなった模様です。

hikiblo.hateblo.jp

今この記事を書きながら、2月の時はJR新宿駅西口地下改札前でしか測定を行っていなかったことを思い出しまして、今回西口で測定を行わなかったことを(速度比較の観点から)若干後悔しております。苦笑

とはいえ今更後悔しても正しく後に立たずですので、今回の新南改札(バスタ新宿直下)&東口(アルタ前)の結果は、普段の夕方と見比べていただく形でご覧いただければと思います。

それでは新南改札での測定結果からどうぞ。

新宿駅JR新南改札でのスピードテスト(休日夜-その1)

f:id:futo-c:20161226095157j:plain

新南改札で夜の時間帯に測定を行うのは今回が初めてですね。

そもそもこの地点はバスタ新宿がオープンした4月以降から測定スポットとして組み込み始めましたので、夕方の測定を含めてもサンプル数があまり多くない地点ではあります。

 

ただバスタ新宿の方もかなり順調だと聞いていますので、今後新宿駅の中でも・そして「ひきぶろ。」のスピードテスト地点としても、拠点となってくるのではないでしょうか。(推測を含む)

 

測定1回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2016年12月18日 20時21分

測定場所:新宿駅JR新南改札前

f:id:futo-c:20161226224944p:plain

率直に申し上げます。噴きました。

どうした!いったい何があったのかmineo回線よ!!

これじゃあさながら固定回線並じゃないか!!

 

普段の夕方に行うスピードテストの結果に見慣れていたので、一瞬野良のWi-Fiでも勝手に掴んでしまったのかと焦ったレベルの速度です。

PING値に関してもmineo回線でこんな良レベルを計測したことなんて数えるほどしか無かったような・・・?

先月のPING値なんてお世辞にも良いとは言えないレベルでしたからね。

※先月:

hikiblo.hateblo.jp

 

我が目を疑う測定結果ということもあり、念のためもう一度計測しなおしました。

 

測定2回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2016年12月18日 20時22分(1分後)

測定場所:新宿駅JR新南改札前

f:id:futo-c:20161226230227p:plain

ま、まあさっきよりは「いつも」の値に近づきましたね。

ひょっとすると、1回目は単純に「たまたま同じ基地局の電波を掴んだ人が極めて少ないタイミングだった」だけかもしれません。

それでも2桁の速度が出てPING値も50を切っていれば、普通の用途ではまずストレスを感じない快適な通信状況ですね。

 

続いてはBlackBerry Passportに持ち替えて、同地点での0simの結果です。

 

測定1回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2016年12月18日 20時24分

測定場所:新宿駅JR新南改札前

f:id:futo-c:20161226230618p:plain

こちらは良くも悪くも相変わらず、の結果となりました。

PING値が極めて良好なのもいつもどおり、ダウンロード速度が途中から規制が入ったかのように急落して(1~)2Mbpsくらいに収束するのもいつもどおり。

強いて違いを上げるとすれば、アップロード速度がいつもの半分くらいしか出ていないことでしょうか?

それでもグラフの形通り、安定した一定の速度でこれだけ出ていればInstagramなどアップロードメインのサービスであれば十分実用レベルだと思います。

 

測定2回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2016年12月18日 20時25分(1分後)

測定場所:新宿駅JR新南改札前

f:id:futo-c:20161226231018p:plain

ついにPING値が40msを切りました。

ほんと0sim回線はPING値が「いったい何があったんだ」と言うレベルで極めて良好なんですよね。

だからこそ、ダウンロード速度がこれだけ落ち込んでも、用途次第では体感としてまあまあやっていけると感じるわけですが・・・。苦笑

 

といった感じで新南改札前での測定結果でした。

このあとふと思い立って、上のバスタ新宿を何となくぐるっと見てまわったところ、

 

f:id:futo-c:20161226224547j:plain

一度は別の店舗に決まりながら、すったもんだの紆余曲折を経てオープンしたファミマもそこそこ賑わって(?)いました。

でもこんなに狭いとは思わなかった。笑

 

新宿東口でのスピードテスト(休日夜-その1)

f:id:futo-c:20161226095607j:plain

ところ変わって今度は東口(アルタ前)の方にやってきました。

こちらは普段、夕方に測定を行う時は速度にかなりムラがある印象が強いです。

速い時はそれこそ固定回線並の速度を叩きだしたり、そうかと思えば地平を這うかの如く低空飛行な速度に落ちたり・・・苦笑

 

初めて測定を行う「夜」の時間帯では、いったいどちらの顔を見せるのでしょうか?

まずはBlackBerry Passport×0sim回線からです。

 

測定1回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2016年12月18日 20時54分

測定場所:新宿駅東口(アルタ前)

f:id:futo-c:20161226234204p:plain

相変わらずの優秀なPING値&アップロード速度のタッグもさることながら、ダウンロード値がいつもの水準までは落ち切りませんでした。

もちろんグラフの形をご覧いただくと一発ですが、通信開始直後に比べて最終均衡速度は半分以下に収束しています。

それでも3Mbps越えであれば、このPING値と組み合わさることで普通のブラウジング程度であれば余裕でしょう。

 

測定2回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2016年12月18日 20時55分(1分後)

測定場所:新宿駅東口(アルタ前)

f:id:futo-c:20161226234822p:plain

スタートダッシュが見られなかった反面、最初から最後までほぼ一定のダウンロード速度を計測しました。

0simにおけるこれまでの定説を覆すスピードテスト結果です。

アルタ前でこのようなダウンロード速度の測定結果となるのは・・・2か月前にも一応ありましたね。

hikiblo.hateblo.jp

2か月前の時はスタートダッシュが無く常時一定のダウンロード速度だった反面、ずっと1Mbpsしか出ないという、安定していて良いんだか悪いんだかよく分からない状況でしたが、今回は3Mbps以上で安定していますのでかなり実用的と言えます。

こうなってくると、ますます0simの特異的な挙動のトリガーを特定しようとして迷宮入りしそうです。苦笑

 

ここは一旦気を取り直して(?)BlackBerry Classicに持ち替えてmineo回線の測定に移ります。

 

測定1回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2016年12月18日 20時56分

測定場所:新宿駅東口(アルタ前)

f:id:futo-c:20161226235627p:plain

今回、総じてPING値が非常に優秀ですね。

それでも0sim回線には及ばないですが・・・あっちは別次元の問題(ダウンロード速度)がありますので、結局のところどっちもどっちなのでしょうか。笑

アップロード速度があまり奮わない結果でしたので、もし両回線を使い分けるならばmineo回線が読み込みメイン・0sim回線がアップロードメイン、みたいな感じになるでしょう。

 

測定2回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2016年12月18日 20時57分(1分後)

測定場所:新宿駅東口(アルタ前)

f:id:futo-c:20161226235953p:plain

アップロード速度の計測スタート直後は一時全く動かなかったので、ひょっとしてフリーズしたか何かあったのだろうかと心配になりましたが、測定中に徐々にスピードを取り戻していきました。

こういった通信の状況が読み取れるグラフを伏せて「8.5Mbps出ています!」と宣伝するのがちょっとセコイMVNO事業者の手でしょうね。笑

もちろん最終均衡速度も重要ですが、通信の場合はそこに至るプロセスも同じくらい重要です。

 

まとめ

  • 今回mineoのPING値が総じて大健闘
  • 0simはある意味いつも通りだが、ダウンロード速度の挙動は引き続き要検証

今年も1年、一個人のスピードテスト結果にお付き合いいただきありがとうございました。

年内にはもうスピードテストを走らせる予定がありませんので、恐らくこれにて今年は打ち止めとなります。つまりmineo回線は300MBしか使わなかった。苦笑

hikiblo.hateblo.jp

 

測定の時間帯がいつもよりも大幅に後ろ倒し(20時半~21時前)となり、いつもと混雑具合に差があったことも関係しているとは思いますが、今回mineo回線のPING値が総じて大健闘していたのは回線増強の影響も少なからずあったかもしれません。

king.mineo.jp

今回のようなネットワーク状況が普段の夕方にも反映されているようであれば「おっ、mineoやるじゃん?」と好感度がアップしますね。笑

 

と同時に、やはり0sim回線のダウンロード速度についてはまだまだ謎が多いです。

仮説としては

  1. 通信開始時点での回線混雑度・接続回線数に非公開の閾値を設けていて、そこを超えるとダウンロード速度に(バースト機能のような形の)規制がかかる
  2. 通信開始直後のダウンロード速度に非公開の閾値を設けていて、そこを超える速度が出ている場合は規制がかかる

とりあえずこのような2つの仮説を立ててみましたが、特に2番目に関しては1か月ほど前の昼間の反例がありますし、決め手に欠ける部分が大きいです。

hikiblo.hateblo.jp

 

ということで来年もきっと気が向いたタイミング・場所でスピードテストを走らせると思いますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

なおこの日はこの後もまだもうちょっと徘徊していました。笑

そのあたりの話も別記事にて。

hikiblo.hateblo.jp

PR