ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

スピードテスト(AKB休日夜編-その1・mineo(D)/0sim)

どうも。今年こそは引きこもりから脱出するための足掛かりを得たい、引きこもりのふとしです。

 

さてさて元旦は朝からブログを更新し初日の出を拝んで初詣にも行くという、なかなかに幸先の良いスタートを切れたと自負している2017年でございますが、元旦に続き2日も目的もなく家から出ることに成功しました!!

向かった先はまさかの秋葉原

f:id:futo-c:20170104090933j:plain

 

秋葉原と言えば昔からのPCパーツetc街であったり、昨今ではサブカルチャーの聖地だとか違うとか、年月の移り変わりとともにターゲット層も刻一刻と変化しながら、マニア界隈では最前線の位置づけとも言える場所でしょう。きっと。

Q:お前さん何かマニアと呼べるものはあったっけ?

A:基本「浅く広く」タイプだからなあ・・・

 

一応今回の秋葉原訪問は「家電量販店の初売りセール見学」との目的で行きましたが、せっかく人の集まるスポットへ外出したことですし、例に漏れず契約中のmineo回線(Dプラン)と0sim回線を用いてスピードテストを走らせることにしてみました。

 

普段ホームグラウンドとしている(?)新宿とは、山手線で正反対の位置に属している秋葉原では、いったいどのような速度結果が見られるのか?

まさか興味本位で行った今回のスピードテストで、とんでもない番狂わせに見舞われるとは?!

さっそく結果をご覧いただきましょう!

 

なおタイトルに「その1」とつけていますが、今後その2・その3・・・と続くことがあるかどうかは全くの不明です。苦笑

秋葉原って普段の行動圏内には全くかすりもしない地域なのだ。

秋葉原駅・ヨドバシアキバ前でのスピードテスト(休日夜-その1)

f:id:futo-c:20170104090933j:plain

画像は先ほどの使いまわしになりますが、ヨドバシアキバ前は本当に人・人・人でごった返していました。

 

ある人は携帯ゲーム機を一心不乱に操作し続け、

ある人はスマホを片手にゲーム中、

そして今回はちょうどヨドバシアキバ前でヨドバシのBINGO大会が行われていたこともあり、写真の構図がこのような上向きで撮らざるを得ませんでした。

普通に撮ったら写り込んだ顔のぼかし処理が大変だもん。

 

普段の新宿には負けず劣らず、いやむしろ新宿よりも大混雑していたこの場所での測定結果や如何に?!

 

測定1回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2017年1月2日 17時48分

測定場所:秋葉原駅・ヨドバシアキバ前

f:id:futo-c:20170104092425p:plain

0sim回線おっそ!

 

PING値もダウンロード速度も、恐らく過去最低レベルです。

しかもグラフの形をご覧いただければ明らかですが、いつものように最初はある程度の速度で途中から一気に速度が絞られ、最終的な均衡速度が1Mbps前後に落ち着く・・・ようなバースト機能っぽい形では一切なく、最初から最後までずっと低速状態のままフィニッシュしました。

 

PING値に関しても常々書いてきたことですが、大雑把に50msを下回ると固定回線並の快適な体感になるところ、ご覧の通り3ケタの大台に乗っかっています。

正直100msを超えると明確に「回線が重い」と体感するレベルになりますので、今回の測定結果はキツイ言い方をすると常用には厳しいレベルと言えます。

 

測定2回目(BlackBerry Passport×0sim回線)

測定日時:2017年1月2日 17時49分(1分後)

測定場所:秋葉原駅・ヨドバシアキバ前

f:id:futo-c:20170104093126p:plain

同一地点でもう一度測定をし直してみましたが、結果はたいして大きく変わらず。

体感速度をある程度想像しやすい形で例えると3大キャリアの速度規制状態レベルと考えていただければ、実体験or伝聞系どちらでもある程度は想像に易いでしょうか?

 

hikiblo.hateblo.jp

正直初詣の時から「・・・ん?」とは感じていましたが、初詣は境内に入るまで1時間待ちレベルの大行列だったため「これだけ人が密集していれば遅くてもある意味当然だろう」とさほど気にも留めていませんでしたけれども。。。汗

 

気を取り直して、同地点でのmineo回線の測定結果です。

 

測定1回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2017年1月2日 17時51分

測定場所:秋葉原駅・ヨドバシアキバ前

f:id:futo-c:20170104092302p:plain

こちらは良くも悪くも「いつも通り」ですね。

mineo回線の特徴としては「基本的には特別速いわけでも遅いわけでもなく、周囲の環境にもさほど左右されることなく微妙な速度」なのが挙げられると思いますが、今回もその期待を裏切らない結果となっています。苦笑

これでせめてPING値が80msを切ってくれると、体感的にグッと速く感じられるんだけどなあ。

 

測定2回目(BlackBerry Classic×mineo回線)

測定日時:2017年1月2日 17時52分(1分後)

測定場所:秋葉原駅・ヨドバシアキバ前

f:id:futo-c:20170104094039p:plain

同一地点での2回目です。

ダウンロード速度自体は1回目よりも落ちましたが、その分PING値が改善されましたので体感的には±0~若干速く感じられるようになりました。

3Mbps前後が出てこのくらいのPING値ならば、普段使いであればストレスなく利用できるという意味で一定の基準値と言えるでしょう。

 

まとめ

  • mineo:混雑時・混雑場所でも、良くも悪くも安定した実測値
  • 0sim:昨年末~年始のどこかのタイミングで速度規制条件が強化された?

0simの測定結果にただただ驚かされる内容となりました。

 

去年はその独特な料金体系(と運営母体)の割に「用途を上手く割り切れればサブ回線としては非常に優秀」と良い意味で期待を裏切られた回線でした。

実際、昨年12月中旬の唐揚げ珍道中後に測定した新宿でのスピードテストでも、PING値&アップロード値はメインで利用しているmineo回線をも脅かしかねないレベルで必要十分と言える実測値でしたから。

hikiblo.hateblo.jp

hikiblo.hateblo.jp

 

それが初詣に出かけた時から体感として薄々「なんかちょっと回線が重いかも?」くらいには感じていましたが、こうやって数値として現実を叩きつけられるとちょっと戸惑いを隠しきれません。

 

このブログを前々からご覧いただいている皆さまにおかれましては、私が引きこもりであることなど今更説明するまでも無いでしょうが、去年1年間の「実績」として週に2回も外出することがあれば快挙と呼ぶに相応しいレベルの引きこもりです。

なので2016年12月18日以降・先日の初詣に出かけるまで、スピードテストをわざわざ走らせるようなレベルの外出をすることも無かったので、あくまでも「2016年12月19日~31日のどこか」の範囲までしか特定できませんが、そのタイミングで今まで以上に強力な何らかの速度規制条件(閾値)が設けられたものと推測されます。

 

これが年末年始向けの特別措置なのか、ユーザー数の増加に伴う恒常的な措置なのかは分かりませんが、少なくとも現時点で確実に言えることは「このレベルだともはやサブ回線としても実用には耐えられなくなった」ということです。

ひょっとするとネットワークが空いている時間・場所ならば、まだ以前のような「SNSへのアップロードメインの使い方であればストレスなく利用できる」レベルを維持しているかもしれませんが、不確かな推測の域を出ないのでこれ以上の言及は差し控えます。

 

MVNOの利点としては3大キャリアに比べて安価・手軽に回線を選ぶことが出来、また数多くの事業者があるので自分のニーズにあったものを選択することが出来る部分ですが、安定性の部分ではまだまだ3大キャリアに追いつかない事業者も存在することが実証されてしまった・・・と言えるでしょう。

今回の結果を受けて、他社と比較をすることでまた一歩mineo回線の安定性(※特別優れているわけでもなければ、急に実用に耐えられないレベルまで落ち込むこともほとんどない、と言う意味で)を再確認する機会になりました。苦笑

 

一説には現在MVNO事業者が有名・無名合わせて100社以上存在するとも言われていますし、その中から安定性であったり瞬間最大風速的な速度であったりとにかく安い回線であったり、自分のニーズにあったものを探しながら使うのもまたMVNOの醍醐味と言えるでしょう。

 

さてこの後は秋葉原界隈を散策(徘徊)したのですが・・・その辺のお話はまた別の記事にて。笑

 

hikiblo.hateblo.jp

PR