読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

BlackBerry Passportがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ガジェット BlackBerry 買い物

「きたー」で「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」を変換される、このWindows10の謎機能は意外と便利ですね。

しかも他にもありとあらゆる顔文字が勝手に登録されているので、時々変換候補一覧を見て吹き出しそうになります。苦笑

 

さて一昨日のこと。

hikiblo.hateblo.jp

 

BlackBerryのちょっと残念な発表を目にして、居てもたってもいられずついうっかり手が滑ってBlackBerry PassportをAmazonでポチってしまった引きこもりのふとしさん。

 

ちょっとした誤算もありつつ、注文した商品は9/30~10/1の間に届くとのことでしたので、この週末はBlackBerry Passportとひとしきり戯れることにしよう・・・などと考えていました。

 

\ピンポーン!/

 

・・・?

さすがに注文からまだ10数時間しか経っていないし、こんなに早くBlackBerry Passportが届くわけはない。

まさか、またまたまた欲しいものリストの商品が届いたのか?!

 

期待に胸を躍らせすぎて、絨毯の端で躓いてすっ転びそうになりつつ玄関を開けるとそこには!

 

f:id:futo-c:20160930213821j:plain

愛しのBlackBerry Passportさんが!!!!

開封の儀

f:id:futo-c:20160930213920j:plain

若干話が前後しますが、こちらが今回ふとし邸に着弾した段ボール箱です。

今回は宛名が「Amazon欲しいものリスト 様」ではなく、当たり前ですが普通にふとしの本名で届きました。笑

それではオープン・ザ・ボックス!

 

f:id:futo-c:20160930213821j:plain

※再掲。

今回BlackBerry Passportを購入するにあたって、色々な業者さんが出品されていましたが、「日本用ACアダプタがおまけで付く」の一言で富士トレーディングインターナショナル株式会社さんより購入を決めました。

おまけ商法に滅法弱い典型的な例です。笑

よって写真の通り、BlackBerry Passportの箱の上にACアダプタが・・・ん?

 

f:id:futo-c:20160930215332j:plain

(前略)全て海外輸入品ですので、箱に多少の汚れや多少の損傷がある場合がございます(後略)

またまたご冗談でしょう、ファインマンさん富士(中略)株式会社さん。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

  • 作者: リチャード P.ファインマン,Richard P. Feynman,大貫昌子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/01/14
  • メディア: 文庫
  • 購入: 56人 クリック: 1,250回
  • この商品を含むブログ (282件) を見る
 
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

 

そんな、このような丁寧な書面を同封してくださる店舗さんに限って、まさかそんなことは・・・

 

f:id:futo-c:20160930215821j:plain

ほんとだー!

 

f:id:futo-c:20160930215850j:plain

むしろ逆にどうやってこの汚れ?損傷?がついたのかが気になる。。。

と、とりあえず落ち着いて双子素数の組*1を列挙しながら中身を確認しようではないか。

 

f:id:futo-c:20160930220357j:plain

中身は保護シートも全てバッチリ貼られた状態で、角や側面を確認しても傷1つ無い紛れもなく新品でした。

むしろこれで精巧に用意された中古品だったら逆に拍手喝采ものです。

 

f:id:futo-c:20160930221949j:plain

こちらがBlackBerry Passport本体の下に収められていたアクセサリ類。

一番左のACアダプタがおまけで付けて頂いてたもので、中央少し右下(右側下段左)が本来の純正アダプタです。

写真には撮りませんでしたが、日本のコンセントには物理的に挿せない形状のものでした。

 

他には充電用のUSBケーブル(右側上段)と、一応イヤホン(右側下段右)も付属します。

BlackBerry Classicの時はこのイヤホンをアンテナとしてラジオを受信できる機能が備わっていましたが、同じ機能がBlackBerry Passportにも備わっているのかについてはまだ調べていません。

 

電源を入れてみる

f:id:futo-c:20160930222509j:plain

今となってはこの光り輝くBlackBerryのロゴも実に愛おしい限りです。

それと同時に、予め分かっていたことですが・・・横にデカイ!

成人男性のふとしの手で片手持ちが割とギリギリですからね。

 

ちょっとこのサイズになると両手持ち前提の上で、出来れば落下防止のためにストラップを付けたくなります。

ま、BlackBerry PassportにもBlackBerry Classicにもストラップホールなんて無いんですけど!

 

BlackBerry Classicとの比較

せっかくなのでこの1年間愛用してきたBlackBerry Classicと、今回新たに入手したBlackBerry Passportを並べてサイズの比較を行ってみました。

 

f:id:futo-c:20160930223802j:plain

画像の粗さには目をつむっていただくとして。。。苦笑

BlackBerry ClassicもBlackBerry Passportも縦のサイズはほぼ同じですね。

これを上下に重ね合わせると・・・

 

f:id:futo-c:20160930223942j:plain

このように横幅が約2cm大きくなっているのがお分かりいただけるかと思います。

もうBlackBerry Passportに関しては、ほぼ確実にズボンの前ポケットには入らないと思った方がよいです。笑

BlackBerry Classicでさえも、スリムジーンズなんかだと前ポケットに入れた場合窮屈に感じることが多々ありますので。

 

ちなみに大きくなったのは横幅だけではありません。

f:id:futo-c:20160930224833j:plain

ご覧の通り物理キーボードの数も減り、トラックパッドや「戻る」などの独立した物理キーも無くなった分、画面のサイズがかなり大きくなりました。

本体そのものの性能も上がっていますので、前回の記事で「BlackBerry ClassicはiPhone・BlackBerry PassportはiPadだ!」と少々苦しい例え方をした通り、情報の収集には強くなりました。

どちらが良いか・使いやすいか・合っているかについては今後の使用レポートを乞うご期待?!

 

まとめ

もうこの並びだけを見るだけでニヤけが止まりませんね!

人間の所有欲とは非常に恐ろしいものです!!

 

失ったもの(主に財布の中身)も大きいですが、得られたものもまた大きいです。

ちなみに現時点での価格(41000円/2016年9月30日現在)がBlackBerry Passport(新品)のほぼ底値だと思いますので、ご興味をお持ちの方はお早めにどうぞ。

 

・・・と良い感じに纏めておいて、今後暫くの間BlackBerry関連の記事を立て続けに投下することになりますので、皆さま予め覚悟しておいてください。笑

*1:素数のうち、「3と5」「5と7」「11と13」「17と19」のように、素数同士が1つ飛ばしで組となるもの。余談であるが、双子素数が無限に存在するか否かの証明はまだ為されていない・・・はず。

PR