ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

simフリーフィーチャーフォンに期待をこめて。

以前紹介した、ふとし愛用のフィーチャーフォンガラケー

f:id:futo-c:20151020233606j:plain

なんだかんだで10年ほど前に製造された代物です。

前々から記事にしているとおりワンセグが搭載されていないことが決め手となり、そして塗装が禿げつつある以外は故障もないので現在も愛用中です。

と言っても、もう使う機能は通話・SMS・アラーム・電卓・目覚まし機能しか残っていないですが。苦笑


そんな愛着?のあるこのガラケー

2016年に入り、ちょっとした不具合が出始めました。

 

 

現在は「2016年」

まずはこちらをご覧ください。

f:id:futo-c:20160122225155j:plain


このガラケーに備わっているサブディスプレイです。

カパッと開けなくても、ここを見れば日時や電波強度・電池の大まかな残量・そしてメールや着信の有無が確認できる優れものです。

 

でもよくご覧ください。

何か変だと感じませんか?

今日は1/22の「金曜日」です。

f:id:futo-c:20160122225236j:plain

 

実は2016年に入って以降、このガラケーは「2016年」を認識してくれなくなりました。笑

そのため、2015年のカレンダーに基づいて今日は1/22の「木曜日」と表示されています。

どうにかならんのか・・・

 

日時設定を試してみる

ガラケーに限らず、携帯電話には日時設定機能が備わっています。

f:id:futo-c:20160122225316j:plain

その項目から修正しましょう。

 

f:id:futo-c:20160122225341j:plain

設定画面に入り、年を2016に打ち直します。

そして決定ボタンを押すと・・・

 

f:id:futo-c:20160122225445j:plain

なんということでしょう。

自動的に2015年へと書き換えられてしまいました。

このガラケーはどうしても2016年に進みたくないようです。

現実逃避中か!笑

 

しかし笑ってもいられません。

冒頭に記したとおり、ふとしは今でも「このガラケーのアラーム機能」を使っています。

2015年のカレンダー設定のままだと、土日はおろか祝日も全てズレたままです。

これでは非常に困ります。

 

以前このブログでも書いた、2016年以降に関するソフトバンク側のアナウンス、こういう意味だったのですね。

hikiblo.hateblo.jp

 

実際に目の当たりにして、ようやく不便さを実感することとなりました。

 

対策1:力業

曜日はズレていても、日付がズレているわけではないのならば、アラームの設定も手動でわざと1日分曜日をずらせばいいのでは?

これが最初に考えた対策でした。

 

しかし、これには重大な欠点が・・・

土日はともかく、祝日のたびに手動で毎回設定するのがとてつもなく面倒な上に、今年は4年に1度のうるう年です。

念のためガラケーのカレンダーを確認しました。

 

f:id:futo-c:20160122225618j:plain

当然ですが2/29はありません。

つまり、この力業も2/28までしか通用しないわけです。

 

対策2:simple2は出ないのか!

かつてこのブログでも取り上げたFREETEL社のsimフリーフィーチャーフォン「simple」

 

hikiblo.hateblo.jp

 

機能(特にワンセグ)のてんこ盛りを求めていないふとしのような層にとって、まさに救世主ともいえる製品でした。

希望の星だった、と言っても過言ではないでしょう。

・・・実際の発売までは。

 

hikiblo.hateblo.jp

 

発売予定の延期に延期を重ねた「FREETEL暦」に始まり、発売後の顛末は「simフリーがらくたフォン」などと揶揄された事が全てを物語っています。

 

そんなFREETEL社が、なんとsimple2を出すらしい!

1週間前の記事ですが、今更見つけました。苦笑

k-tai.impress.co.jp

 

確かに、ふとし自身もかつては「もしsimple2が発売されるなら・・・」といった趣旨の記事を書きました。

しかしその時点では「どうせ夢物語に終わるだろう」と、ある意味達観したかのような心境でもありました。

それが本当に発売されるだけでなく、このケータイWatchの記事を見る限り3機種も発売されるなんて!

 

さらにはこのsimple2の3機種のうち、黒色のストレート型端末については、記事本文や写真にもあるとおり「HOT SPOT」キーが存在するようです。

これはかつてのWillcomで発売されていた、Wi-Fiルーター機能付きのガラケー「PORTUS」のようなもの、と捉えて良いのでしょうか?

セイコーインスツル PORTUS WX02S [ブラック] willcom

セイコーインスツル PORTUS WX02S [ブラック] willcom

 

 

通常の電話として当然使え、ボタン1つでWi-Fiルータに早変わり。

そうだとすれば、例えばタブレットとの2台持ち需要にはピッタリだと思います。

これでbluetooth連携機能と赤外線機能が備わっていればパーフェクトですね。

 

ただしFREETEL社なので「ルーターとしても使えますが3Gのみの対応です」なんてオチも否定できない。。。苦笑

 

まとめ

本当にFREETELという会社は、社長の発言だけを額面どおりに切り取れば非常に魅力あふれる会社です。

あとは実力(製品)がどこまで追いつくか・・・笑

 

ふとし個人としては、今回のようにかつてのWillcomを彷彿とさせる機種が出てきたことで、やっぱりW-ZERO3のような端末を今の性能で作って欲しいな、との想いが再燃してきました。

Windows 10 mobileを搭載した昨今のスマホが、どれもこれも画一的な形状(5インチ・物理キーなし)で発売されているところを見るに、何か開発の上で制約があるのかもしれませんが。。。

 

きっとFREETELなら、FREETELならやってくれるに違いない!

久々にそう思わせるニュースリリースでした。

でもきっとどんでん返しがあるんだろうな・・・笑

 

ところでこの記事、元々はガラケーに関しての記事だったような?苦笑

simple2に関する続報が分かり次第、またブログを書きます。

現状では「桜が咲く頃(※FREETEL暦の可能性あり)に出したい」との情報しかありませんからね~。

 

※続報が来ました!

hikiblo.hateblo.jp

PR