ひきぶろ。

睡眠障害からの社会復帰を目指す、引きこもり(自宅療養)の実態を大公開!

ヤフーからプレゼントされた1000ポイントでキーケースを新調したからレビューする

f:id:futo-c:20170917211216j:plain

どういう理由かイマイチ分かりませんが、先日Yahoo!サイドからYahoo!ショッピングで使える1000ポイントが贈呈されましたので、前々から新調したいと思っていたキーケースをこの機に乗じて購入することにしました。

・・・ひょっとして数か月前に、以前とは別のアカウントに来ていた6か月無料キャンペーンYahoo!プレミアムに登録したから、1000ポイントが贈呈されたのかな?

※以前:

hikiblo.hateblo.jp

 

そもそもいつの間に登録したのか!という話ではありますが、

 

f:id:futo-c:20170917212216j:plain

実は3月の終わりで以前の6か月無料キャンペーンを解約した後、すぐにYahoo!のサービスを使う予定も無かったので、キャンペーン期間終了ギリギリまで引っ張っていたのでした。苦笑

 

f:id:futo-c:20170917212401j:plain

去年に見た記憶も覚めやらぬまま、再度この画面から各種情報を登録し・・・

 

f:id:futo-c:20170917212504j:plain

晴れて再びYahoo!プレミアムの会員になっていたことを、今の今までブログにて書き忘れていました。

 

さてそれでは、今回購入したキーケースの紹介およびレビューの方をしていきますよ!

今まで使っていたキーケース

購入したキーケースのレビューをしたいという逸る気持ちを抑えつつ、まずは今まで使い続けていたキーケースを紹介いたします。

 

f:id:futo-c:20170917212923j:plain

手の中にすっぽり収まるくらいのコンパクトなキーケースを今まで使っていまして、思い返せば小学生の頃からずっと愛用していました。すなわち20年くらい?!

もはやどこで・いくらで購入したのかさえも思い出せませんが、このサイズながらカギを6つ付けることが出来る優れもので、素材もしっかりしていたがゆえ20年もの長期に渡って使用することができました。

 

f:id:futo-c:20170917213304j:plain

とはいえ、細部をよく見ると、このようにほつれてきている部分も散見されますし、

 

f:id:futo-c:20170917213359j:plain

何なら「ほつれてきている」の範疇を飛び越えて「擦れて破れ始めている」部分もあるくらいです。

 

さすがにこれだけの長期間、大事に使い続けたのだから、新調しても罰は当たらないでしょう。

ということで新しいキーケースを見繕うことにしました。

 

新調候補のキーケース達

一口に「キーケース」と言っても、本当に多くのメーカーから多種多様な製品が発売されています。

そこでまずは、自分がどのようなキーケースを必要としているのか、客観的にまとめてみました。

 

私が必要としているキーケースの機能といえば

  1. コンパクトであること
  2. カード入れがあればGood
  3. 小銭入れがあればなおGood
  4. 鍵をつける部分は最低でも4連
  5. 片手で目的の鍵を出し入れ出来ること
  6. 原付(スクーター)の鍵用に、取り外し可能な金具があると最高

ざっとこのような機能・条件を思い描いていることが分かりました。

もちろん1番と2番・3番は相反する条件ですが、そのあたりは商品の説明や写真を見ながら優先順位を適宜入れ替えます。

 

その上でキーケースを物色し始めて約2時間、恐らくは累計で100個以上のキーケースの説明・写真を熟読しましたが、最終的には3つの候補に絞られました。

 

本革 牛革 キーケース 小銭ポケット付き 6連 スマートキーケース 2色

f:id:futo-c:20170917214454j:plain

GUAIDI 本革(牛革)キーケース

 

どこのメーカーか最初は全く分かりませんでしたが、色々調べてみてたどり着いたのは「GUAIDI」というメーカーらしい、ということでした。苦笑

 

このキーケースは私が求める機能のほぼすべてを満たしており、値段の方も9月15日時点では2250円(ここに贈呈された1000円分のポイントを利用することで実質1250円)と非常にリーズナブルです。

また商品説明によりますと、鍵を取り付ける金具が6連あるのとは別に、取り外し可能な金具が別途1つ用意されているということで、原付(スクーター)を運転するときにこのキーケース全体をブラブラさせることなく、原付の鍵だけを取り外すことが出来ます。

 

キーケース メンズ レディース 本革 5連 キー 栃木レザー キーケース スリム BELLVO ギフト 引越し

f:id:futo-c:20170917215849j:plain

栃木レザー キーケース(5連) BELLVO

 

こちらは小銭入れもカード入れも無く、鍵を取り付ける金具も5連+取り外し可能な金具が別途1つという構成ですが、何やら栃木レザーと呼ばれる上質の牛本革を利用しているらしく、サイズ的にも今まで使っていたキーケースに近いものとなっています。

レザー製品は使いこめば使い込むほどに味が出てきますから、長く使い込むことでその変化を楽しむことも出来そうですね。

 

ただしお値段は3333円(1000ポイントを利用しても実質2333円)であり、機能性も求める中の最低限しか満たしていないため、初耳に近い「栃木レザー」に対してそれだけの価値を見出せるかが焦点となりそうです。

 

キーケース 小銭入れ付き スマートキーケース メンズ 本革 6連 レザー プレゼント 全2色 KC07

f:id:futo-c:20170917221313j:plain

Eredita キーケース 小銭入れ付き KC07

 

こちらは1つ目のGUAIDI製キーケースに近い製品であり、やはり私が求める機能のほとんどを満たしている製品となっています。

 

そもそもなぜキーケースにカード入れだの小銭入れだのを求めているかといえば、例えば通院時にこのキーケースだけを持って診察を受けに行ったり、あるいはウォーキングの時にフラッとスーパーでパンや飲み物を購入する為ですね。笑

財布を持っていくとなると、銀行のキャッシュカードやら何やらでずっしりと重量級になってしまっていますので、別途身軽に動けるような環境を整えたかった、という理由があります。

 

さてさて、最終的にこの3つまで購入候補を絞りましたが、ここから実際の購入まで更に迷いに迷いました。汗

その上で3つ目のEredita製キーケースを選びましたが、もし栃木レザーを使用した2つ目のキーケースに小銭入れorカード入れのどちらかだけでも備わっていたら、案外そちらを選んだかもしれません。

 

到着までにひと悶着

なんだかんだで「5のつく日キャンペーン」の終了間際ギリギリに購入手続き・決済を終えたのですが、そこで話は終わりませんでした。

 

決済完了後、商品が発送されたタイミングで送られてきたこちらのメールをご覧ください。

 

f:id:futo-c:20170917222537j:plain

1か所だけ、強烈な違和感を覚える箇所がありますよね。

その部分にフォーカスをあててみましょう。

 

f:id:futo-c:20170917222711j:plain

このメールは、なりすましメールの可能性があります。

 

ええええええ?!

ひょっとしてヤバイ系のお店でクレカ決済しちゃった?!っていうか本文中にあったクロネコの追跡URLをクリックしちゃったし!!

 

f:id:futo-c:20170917222933j:plain

結論からいうと「場合によってはちゃんとしたメールがなりすましメール扱いされることもある」という話だったみたいで、今のところ特に問題は発生していません。

いやー、以前ヤフーでもamazonでも同時期にひと悶着あったもんだから、一度ならず二度までも?!と警戒しちゃいましたね。苦笑

※以前:

hikiblo.hateblo.jp

 

商品到着

f:id:futo-c:20170917223326j:plain

例によって例の如く、空気を読まない大きなサイズの箱で送られてきました。

いざオープン!

 

f:id:futo-c:20170917223429j:plain

緩衝材代わりの紙クシャァ・・・

 

f:id:futo-c:20170917223528j:plain

紙をどけると、そこには明らかに箱の大きさと不釣り合いな化粧箱が1つポツンと佇んでいました。

商品が商品ですし、なんならこの化粧箱が入ったビニールそのものに伝票を貼り付けて送ることも出来そうなんですけどね。笑

 

f:id:futo-c:20170917223923j:plain

化粧箱の中身をどんどん開けていきます。

 

f:id:futo-c:20170917224024j:plain

ついに実物とご対面!

製品そのものはこの写真ほどもテカリがなく、落ち着いたブラックという見た目です。

 

ではさっそくレビューしていきましょう。

 

製品レビュー

f:id:futo-c:20170917224156j:plain

まずは開いてみたところです。持った感じは非常に柔らかく、革製品のイメージを良い意味で裏切られるかと思います。

例えるならば「新品にも関わらず、既に数年間使って手になじんだかのような色味&柔らかさ」といったところでしょうか。

 

f:id:futo-c:20170917224414j:plain

各パーツに色々と説明を付け足してみました。

このキーケースにはカード入れが2か所あり、上から挿入する方はマチも広く沢山入りそうです。

 

f:id:futo-c:20170917224551j:plain

こちらがその上部のカード入れゾーン。

革製品ですがご覧の通り非常に柔らかいので、多くの枚数を入れることが出来そうですね。

 

f:id:futo-c:20170917224737j:plain

ついでに横から挿入する方のカード入れも。

こちらも3枚程度であればカード類が入ると思いますが、稀にあるラミレート加工してあるようなキャッシュカードサイズよりも大きいカードに関しては、構造上こちらへの挿入はお勧めしません

ちなみに小銭入れが備わっているこのキーケース、もし(折りたたむ必要はありますが)お札も収納するのであれば、この横から挿入する方のカード入れ部分が最適かつ唯一解だと思います。

 

f:id:futo-c:20170917225040j:plain

続いて独立して用意されている金具部分について。

 

f:id:futo-c:20170917225119j:plain

このように単体で付け外し出来る構造になっていますので、原付などの鍵をつけるのにぴったりです。

雨が降っている時に、このキーケースそのものをブラブラさせたくはないですからね。苦笑

 

f:id:futo-c:20170917225337j:plain

小銭入れ部分。

ファスナーの開け閉めは固すぎず緩すぎずちょうどよい感じでしたが、後述する問題を抱えているので注意が必要です。

 

惜しいと感じる点

欲していた機能のほぼ全てを網羅しているなど、基本的には購入して大正解だと感じられるキーケースなのですが、粗を探せば無いわけではありません。

せっかく「レビュー」と銘打っていますので、惜しいと感じる点についても言及しておきます。

 

鍵を取り付ける金具のサイズ

f:id:futo-c:20170917224414j:plain

再掲となりますが、こちらの写真をよくご覧いただくと分かる通り、6連用意された金具の左端が微妙にキーケース自体からはみ出しています。

「量産体制ではなく革職人が1つ1つ丁寧に仕上げる(意訳)」との触れ込みゆえ、ひょっとしたら個体差があるのかもしれませんが、手元に届いた製品を見る限りこの幅であれば6連ではなく5連に抑えた方がサイズ的にピッタリだと感じました。

 

原付の鍵との相性はイマイチ

こちらがカギと診察券のいくつかを実際に収めてみた写真です。

 

f:id:futo-c:20170917230448j:plain

鍵の形状を悟られぬよう、画像の一部にぼかしを施しています

家の鍵の方はサイズがピッタリですが、原付の鍵の方は(余計なリングを1つ噛ませたのも要因ですが)キーケースのサイズに収まっていません。

この状態でキーケースを閉じると・・・

 

f:id:futo-c:20170917230850j:plain

当然ですが、下から鍵の先端がニョキっと顔を出しています。

写真には撮りませんでしたが、噛ませている余計なリングを取り払っても本当にギリギリピッタリサイズですので、購入する場合は予めそういったサイズ感を頭に入れておいた方が良いです。

 

小銭入れ部分の予想外

f:id:futo-c:20170917225337j:plain

こちらも再掲となりますが、小銭入れ部分のファスナーを開けた写真です。

ご覧の通り底はあまり深くないので、例えばお釣りでもらった大量の小銭を入れておくには向かないかなと考えていました。

 

しかし実際には違ったのだ。

 

f:id:futo-c:20170917231532j:plain

ファスナー側の上半分くらいまでが小銭入れゾーンだろう、と高を括っていたら、実際には背面の上から下まで全部が小銭入れゾーンとなっていました。

こうなってくると、小銭の収納力は少ないどころがかなりたくさん収納できることになりますが、そうすると今度は逆にファスナーが狭すぎて一番奥まで入った小銭を取り出しにくい・・・いや、取り出せないと思います。

一番奥まで入った小銭取り出すとするならば、一度手のひらに全ての小銭を出してしまう必要があるでしょう。

これでは非常に利便性が悪い。

 

そこで、引きこもりなりに対策を一生懸命考えました。それはそれは熱が37.5℃まで上がるくらい頭をフル回転させた程度にはね!

※単純に風邪を引いているから、ともいう。

 

その結果、1つの方法を思いつきました。

 

f:id:futo-c:20170917232147j:plain

一番下まで硬貨が落ちぬよう、両面テープで蓋をしてしまおう!

 

なんという事でしょう、購入した製品が届いて1時間もせぬまま、内側に両面テープをベタベタ貼って返品不可の状態にしてしまいました。苦笑

 

もっとも、強度的なことを考えて、本当は針と糸で縫ってしまおうかとも考えたのですが・・・風邪気味でしんどかったことと、縫った時に外側で見える縫い口を綺麗に本返し縫い出来る自信がなかったので、なんとか思いとどまりました。笑

 

この改造により小銭収納力は半分になりましたが、利便性は非常に良くなったと思っています。

 

まとめ

  • 革は思ったよりもすごく柔らかい
  • 鍵が合計6つ+1つ取り付けられるのがGood
  • カード入れ部分の収容力はかなり豊富
  • 小銭入れ部分の予想外な深さに注意
  • 実質1300円ほどでこの品質ならば「買い」

鍵だけをコンパクトに持ち歩きたい層には残念ながら向かないですが、ちょっと近場まで身軽で買い物に行きたい場合には、このキーケース1つだけを持って家を出ても十分賄えるかと思います。

 

値段の割に見た目も安っぽくなく、それでいて高機能ですので迷うことなく「買い」でしょう。

 

 


肉体改造計画

【9/13】膝立て伏せ40回×3

【9/14】腹筋40回×2

【9/15】背筋70回

【9/16】休み

【9/17】膝立て伏せ40回×2

広告を非表示にする

PR