ひきぶろ。

睡眠障害からの社会復帰を目指す、引きこもり(自宅療養)の実態を大公開!

家のソファーが破れたのでどうにかせねばならない

皆さん、自分の家にある家具の中で「これだけは外せない・これが1つあると非常に便利」だと思うものはいったい何でしょうか。

 

私の場合は、一家に1つあると便利なものはソファーだと思っています。

ソファーがあれば夜に腰かけてくつろぐことが出来ますし、来客の際もソファーがあれば多少はもてなすことが出来ます。そして何よりソファーがあれば、ちょっと仮眠をとる場合でも床に寝転ぶよりはゆっくり休むことが出来ます。

このようにソファーは家に1つあるだけで、複数のニーズを満たすことが出来る優れものです。

特に東京のような物価の高い地域に住んでいる場合、田舎にあるような広い面積の家に住むのは金銭的にも物件的にもなかなかに難しいものがありますから、1つで複数の役目を任せられる家具を使って効率よく生活することが求められる部分も少なからずあります。

 

・・・といった内容は今回の記事を書くための少々強引なこじつけでして(笑)、ちょっとうちで困ったことになったんですよ。

f:id:futo-c:20170617231813j:plain

それはタイトルにも記載した通り、家にあるソファーが突然ビリッと破れたのです。

10年越のソファーベッドは突然に・・・

f:id:futo-c:20170617231813j:plain

再掲となりますが、この一目見た感じでくたびれ具合が否応なしに伝わってしまう我が家のソファー、購入してからかれこれ10年以上が経過しています。

10年以上もの年月があれば、そりゃあ汚れも付着するし汗も染み込むし、何だったらナニかの液体Xでさえも染み込んでいるかもしれない。苦笑

 

そんな年季の入った我が家のソファーさんを先日踏んずけたところ、足元から派手な音が聞こえて来まして・・・足を上げたあと目に飛び込んできたのは、画像の通りガッツリと破れた無残な姿と、その口から見える中のスポンジ群でした。

 

そもそもなぜ踏んずけたかと言われれば、このソファーはソファーの中でもいわゆる「ソファーベッド」と呼ばれる種類のものでして、座面がほぼ床の高さになっている(ソファーに足がついていない)タイプの代物であったが故、近くを通る時にショートカット(←)と称してソファーの上をえいっ!と踏みながら横切る癖があったからでございます。苦笑

そんなお行儀の悪さが祟ったのか、或いは10年以上にわたって蓄積されたダメージなのか経年劣化とでも言うべきか、とにかく破れてしまったものは嘆いても元に戻りませんので、フラッと家具屋へウィンドゥショッピングに繰り出すことにしました。

 

家具屋で「品定め」を行う

どこへ行こうか迷った挙句、今回は家から原付で約30分程度の位置にある家具屋さんへと足を運びました。

具体的な店名などは差し控えますが、このお店はそこそこの広さとそこそこの品数を取り揃えており、また先月「潜入」を行った家具の見本市のように、歩みを少し緩めただけで店員さんがお腹を空かせたハイエナの如く飛んできて接客を始めるようなこともありません。

※家具の見本市でのお話:

hikiblo.hateblo.jp

貧乏性(世間一般から見れば「貧乏」へとカテゴライズされるレベル)の引きこもりにとっては、自分のペースで自分の好きな家具を見ることができるこちらのお店の方が性にあっており、今回も店内を猫になった気分で自由気ままに眺めておりました。

 

そんな中、ある1つの商品が私の目に飛び込んできました。

 

f:id:futo-c:20170617234137j:plain

こ、これは泣く児童も椅子の上で黙って地蔵化すると言われる、高級チェア「オカムラ」のコンテッサではないか!!

 

見つけたからには試座せねばならない!なんて言ったって吾輩はお値段異常なデスクチェアにいい加減うんざりしてきているのだからな!ソファーベッドなんて二の次だ二の次!

※お値段異常なデスクチェア:

hikiblo.hateblo.jp

 

座ってみた感想ですが、率直に申し上げますと私にとっては座り心地が微妙だと感じました。

座面が微妙にカーブしているので、お尻全体を包み込むかのような座り心地となるのですが、あくまでも姿勢よく椅子に座るのが前提であって、椅子の上で胡坐をかいたりするタイプの人間には向いていない構造だと思います。そもそも椅子の上で胡坐をかくなんてお行儀が悪い点についてはご容赦いただきたく。苦笑

 

またこれは賛否両論となるかもしれませんが、背面がメッシュであるがゆえに夏はよくても冬場は寒そうだと感じました。

ちなみに背もたれのリクライニングはけっこう後ろまで倒れますので申し分なく、ヘッドレストに関しても頭を預けるのに最適な柔らかさ&位置であり、この辺はさすが高級チェアだなと思わせられます。

なお肘置きが上下の高さを変えられるだけでなく、何故か内側に向かって「ハ」の字のように動かせるのは特徴的だなと感じました。

 

値段が値段なので私はご縁がなさそうですが、パソコンと向き合って「仕事をするための椅子」としては申し分ない作りだと思います。

 

オカムラのコンテッサを試座したついでに他のデスクチェアも一通り見てまわったところ、コイズミのJG7シリーズがちょっと面白い椅子だと感じました。

f:id:futo-c:20170618001212j:plain

f:id:futo-c:20170618001303j:plain

やっぱり背面がメッシュなのが残念ですが、その反面座面は私にとってコンテッサよりもしっくりくる形状でして、肘置きの高さも上下に調整できるのはもちろんのこと、このデスクチェアの場合は完全に後ろへ倒してしまえるのが最大の特徴でしょう。

昔このブログで言及した「ギタイスPRO」のような機能(ただし肘置きの動き方は大きく異なる)が備わっていると思っていただければ。これはベースの練習を再開しろという神のお告げか!

 

コイズミ JG7チェア ブラック JG-78381BK

コイズミ JG7チェア ブラック JG-78381BK

 

うそ?!Amazonの方が大幅に安いんだけど!!笑

 

Amazonのレビューで散見される「座面の高さ」については、175cmの私にとっては靴を履いていたことを差し引いてもむしろピッタリでした。ただ肘置きの耐久性については、かなり特異な機構となっているために実際使い続けてみないと分からない部分かもしれません。

 

ん?ソファーの品定めはしなかったのかって?いやあ何の話かなあハハハ。

 

ソファーその後

f:id:futo-c:20170618001459j:plain

応急処置として、穴が開いた付近の布を引っ張り合わせて大雑把に縫ってみました。当て布?なんてものは我が家に存在しない!

 

直近でこのソファーベッドが活躍するタイミングは、夏場クーラーを使うようになるほどの熱帯夜となったときに、ベッドのある部屋ではなくこのソファーベッド&パソコンを置いている方の部屋で寝る際に使うくらいですので、とりあえず今夏の約3か月間耐えてくれれば役目は全うしたことになるのかな・・・と考えたのです。

今年の夏が終わった頃に、このソファーベッドの処遇を改めて考えることにしましょう。

 

・・・と思っていたのですが。

 

f:id:futo-c:20170618002058j:plain

おい!また招待状が届いたんだけど!しかも2通!それでもって見本市の開催期間がこの週末らしいんだけど!!

 

・・・いや、さすがに行きませんよ?苦笑

 

まとめ

家具屋さんで思いがけずハイグレードチェアを試座する機会に恵まれ、一気に購買欲も湧き上がってきましたが、実のところ今一番必要としているものは敷布団なのです。

さすがに恥ずかしくて写真は撮りませんが、先日寝つきが悪くて寝返りを打ったときに「ビリッ!!」という音がお尻のあたりから発せられまして、後日布団を干すときによくよく確認するまでもなく見事なまでに大破しておりました。

ただでさえ私は睡眠障害5年目という、中堅なんだかベテランなんだかよく分からない域に突入している療養中の身ですので、眠りの環境は最優先で整備せねばなりません。

 

しかしいくら最優先とはいえ、京都西川のようなちゃんとしたモノであれば数万円はする敷布団を購入し始めると、ついでに前々からずっと必要だと感じていた整理ダンスも欲しくなりますし、整理ダンスに手が伸びると引っ越しの度に引越し業者からブーイングを食らいまくるIKEA製ワードローブの代わりとして、きちんとしたワードローブが欲しくなります。

そこまで来ると、以前の記事でも言及していました通り「寿命」が近そうなベッドの方も買い替えたくなり。。。ああなんと物欲にまみれた引きこもりであることか。

 

なので優先順位としては、敷布団→デスクチェア→整理ダンス→ワードローブ→余力があればベッド、となりそうです・・・あれっ、ソファーベッドはどこへ行った?苦笑

 


肉体改造計画

【6/17】なし

※ようやく腕まわりの筋肉痛が無くなってきたので、背筋Dayを挟んでまた腕まわりも再開かな?

広告を非表示にする

PR