読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

Googleからお金が振り込まれた!

ひきこもりの日常 インターネット

秋と言えば実りの秋。

丸々と太り脂ののった秋刀魚はグリルで焼くだけでも滴る脂に食欲がすすみ、秋茄子を見れば嫁なんていない独り身は躊躇なくがっつきます。

田んぼに目をやれば首を垂れるほどに実った稲穂が今か今かと収穫を待っている状態。

いやー、秋っていいですね。

 

だが肝心なことを忘れてはいけない。

それら秋の味覚へとたどり着くためには、少なからず懐事情が潤っていなければならないのである!

 

Q:引きこもりのふとしさんの懐事情は?

A:年中通して真冬の寒さです。

 

だがしかし、だがしかーし!

少しでも収入源を増やそうと画策し、運よく審査に通ったGoogle AdSenseを導入し始めてから早半年。

待てど暮らせど銀行振り込みの最低基準額である8000円にたどり着く気配がない。

このままだと「ブログ年収:8000円」すら危ういレベルの超低空飛行です。

月収じゃなくて年収だからな?

 

そんな折、アフィリエイトやポイントサイト用の口座の通帳を記帳しに行ったところ・・・

 

グーグル(カ の文字が!

 

これはまさか?!

ひょっとしてひょっとしちゃったのだろうか?!?!?!?!?!?!

 

今日はそんなタイトル詐欺のお話です。

 

 

Google AdSenseの支払いについて

これはアドセンスを導入しようと企んでいる方々および既に導入済みの方々であればご存知かと思いますが、アドセンスで発生した収益が(日本の場合)8000円を越えないと指定口座に振り込んでもらえません。

最低基準額の8000円に満たない間は、延々と支払いが繰り越されていきます。

 

そしてブログ初心者~初級者の場合。

この8000円がとてつもなく遠く感じます。

アルバイトで1日ガッツリ働けば(東京都の場合)すぐに手に出来るような微々たる金額を、来る日も来る日も記事を書き続けて数か月~1年以上経ってようやく手に出来る金額、それが8000円。

そう、バズらなければね。

 

初心者だろうが何だろうが、アドセンスを導入して1回でもバズらせてしまえば、支払い基準額へ一気に近づいてしまうのですよ。

これはアドセンスの報酬が「主にPV数」と「広告クリック数」で決まる仕組みだからですね。

広告のクリック数は「広告を見た人が内容に興味を持ってクリックしたか否か」まで識別しているような感じがあるのでともかく、PV数に関しては伸びれば伸びるほど報酬も右肩上がりに昇っていきます。

つまり「1回でもバズること」と「PV数がグン!と上がること」は同義と言えますから、支払い基準額へ近づける一番の近道は「邪道であってもバズること」と表現できてしまいます。

 

だからやたらと批評的な記事を書いて、「違いの分かるア・タ・ク・シ」アピールして、他のブロガーと衝突したり記事そのものが炎上気味になったりするブログが常に一定数存在するわけです。

「対立の構図」はコンテンツを盛り上げるうえで一番手っ取り早いですからね。

 

もちろんアドセンスを導入している全てのブロガーがバズを狙っているわけではありませんからね?

清く正しく真っ当に運営しているブログの方が圧倒的大多数です。

中には「自分の書きたい主張」を最優先にして記事にした結果、結果論として炎上してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが。苦笑

 

そんなことよりこの通帳を見てくれ

ふとしはいつになるかも分からないアドセンスでの報酬振り込みや、ポイントサイトでちまちま貯めたポイントを一括管理するための口座を1つ用意しています。

その方が年度末に確定申告を行う場合も計算が楽ですし。

※ブログやアフィリエイトで稼いだ収入は雑所得(または事業所得)としてきちんと申告しましょう。脱税ダメ、ゼッタイ。

 

ただ基本的には1か月に1回・500円とか1000円程度の入金があれば御の字というレベルなので、通帳記帳すらまともにやっていません。

年度末以外だと2~3か月くらい通帳記帳しないこともザラにあります。

 

ですが今回はわけあって、意識的に通帳記帳をするためだけに外出しました!

珍しいでしょ。自他ともに認めるガチの引きこもりが外出するなんて。

 

そして記帳した通帳に印字されていたのは・・・

 

f:id:futo-c:20160911021542j:plain

グーグル(カ

 

こ、これは紛れもなくアドセンスを運営しているグーグル社からの振り込みだ!

どこの馬の骨とも分からぬ「振り込んだ詐欺」ではない!

やったー!ついにグーグルからお金が振り込まれたぞー!

 

いやちょっと待って、金額おかしくない?

おぬし、そこに気づいてしまったか。

 

気づかれてしまったからには仕方がない、この場で

カラクリを白状しよう。

 

口座確認作業

実はですね、アドセンスから収益を受け取るためには何段階か踏むべきステップというものがございます。

 

hikiblo.hateblo.jp

「アドセンスの審査に通ること」は当然の大前提なので敢えて言及するまでもありませんが、その後ある程度収益が見込めるようになると、この「住所確認」の作業が待ち構えています。

申請した本人がちゃんと実在していて、登録した住所にきちんと在住しているかのチェックをされるのです。

たぶん組織的な犯罪行為などに悪用されないためなんでしょうかね。ちょっとその辺の詳しいことは一個人には分からないです。

 

そしてこの住所確認作業と同時に、アドセンスからの報酬を受け取るための口座についても、ちゃんと申請した本人のモノであるのかどうかのチェックを受けることになります。

そのためのプロセスとして、今回のように少額の振り込みが実施されるのです。

ここまでの内容で分かることとしては、アドセンスは住所も名前も正式なもので登録をしないと報酬を受け取れないということですね。

ネットでのお金のやりとりなんて怖いから、住所もテキトーにして名前も偽名で登録しちゃおう♪

なんて甘い考えは今すぐに捨てましょう。

ふとしの場合も「ふとし」なんて名前で登録を行ったところで報酬は受け取れません!笑

 

口座確認の流れ

アドセンスにログインして支払い方法の設定を行うときに、実際に報酬を受け取る口座を設定するのですが、その口座の確認作業が済んでいないと・・・

f:id:futo-c:20160911020257j:plain

このように保留状態となり、支払先に設定が出来ません。

よって今回のように少額の振り込みを確認したうえで「今すぐ確認」のリンクをクリックします。

 

f:id:futo-c:20160911020515j:plain

そうするとGoogleからいくら入金されたかを答える画面になりますので、今回のふとしの口座に振り込まれた額を選択する流れになるわけですね。

 

f:id:futo-c:20160911021640j:plain

ぼかしで隠していますが、この金額の選択部はきっちり1円単位でした。笑

ここで間違えずにきちんと振り込まれた正しい金額を選択すると・・・

 

f:id:futo-c:20160911021938j:plain

このように無事、口座確認が完了します。

あとは先ほどの支払い方法を設定するページに戻って

f:id:futo-c:20160911022143j:plain

「メインのお支払い方法に設定」のリンクをクリック。

 

f:id:futo-c:20160911022230j:plain

そうすると口座確認がもう完了していますので、お支払い方法の部分に自分の口座番号が表示されるようになります。

あとはアドセンスの収益が8000円を越える日をひたすら待つだけ!

 

まとめ

  • アドセンスから実際に報酬を受け取るにはいくつかのステップがある
  • 住所確認だけでなく、口座も本人のモノかどうか確認される
  • ところでこの確認用振り込み額はどこから出ているの???

めでたくあとは文字通り「果報は寝て待て」状態になりましたが・・・

問題は今回入金された額ってどこから捻出されるのでしょうか?

 

やっぱり自分の微々たる収益から先払い(?)で精算されているのだろうか?

だとすると口座確認で(まずないと思いますが)うっかり他人の口座に設定してしまうと、その人の口座にこの振り込みが為されるとか?!

 

色々と疑問は尽きませんが、最低基準額の8000円どころかその半分にもまだ満たないので、初めての8000円目指してキーボードを叩き続ける日々はまだまだ続きそうです。

PR