ひきぶろ。

世間ノ目ニモ負ケズ、睡眠障害ニモ負ケズ、そんなブロガーに引きこもりもなりたい。

スポンサーリンク

MVNO「Fiimo」が半年間900円割引のキャンペーンをするらしい・・・ん?

今日のふとし的ホットトピック:

ウルトラスタートダッシュキャンペーン | お得なスマホ Fiimo(フィーモ)!

 

半年間、3GBのデータ通信(月900円)が無料になるキャンペーンです。

何やら以前mineoで行われていたキャンペーンのような事を、MVNO事業に新規参入してきたと思われるこの会社でもやるんだな~、程度に考えていました。

hikiblo.hateblo.jp

 

ちなみについ先ほど知ったことなのですが、実は昨日2/14まで先行予約キャンペーンを行っていたらしく、昨日2/14までに申し込んでいれば半年ではなく「8ヶ月間」だったみたいです。

完全に見逃していた!汗

 

さて本題。

 

どこかで見覚えがあるぞ?

まずはこちらをご覧ください。

f:id:futo-c:20160215235336j:plain

FAQページスクリーンショットです。

・・・なんでしょうね、この既視感。

 

f:id:futo-c:20160215235638j:plain

見事にmineoで普段目にしているキーワードが並んでおります。

 

「MVNO」についておさらい

ここ数年脚光を浴びているMVNOですが、その仕組み(関係性)をサラッとおさらいしてみましょう。

 

まず、本家本元の3大キャリア(D社・A社・S社)が「MNO(Mobile Network Operator)」と呼ばれる立場です。

そしてそのMNOから回線を卸し、現在の多種多様な格安サービスを展開しているのが「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」であり、ふとしが利用中のmineoもこのMVNOのうちの1社ですね。

 

ここまではまだ分かりやすいのですが、さらに「MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)」なるものが存在していまして、この辺が絡んでくると少々理解が困難になってきたりもします。

 

MVNEについて大雑把に説明しますと「3大キャリアから回線を卸して、その卸した回線を他社に卸している立場」でしょうか。

実例を1つ挙げますと、DMM mobileに対するIIJですね。

DMM mobile(MVNO)はIIJ(MVNE)から回線を卸していますが、そもそもそのIIJの回線の本家本元はD社(MNO)の回線です。

少々語弊のある書き方かもしれませんが、「又貸し」とか「転売屋」みたいなものだと思っていただければ・・・?苦笑

 

余談として、個人的にIIJとDMM mobileの2社のみを比べるのであれば、DMM mobileの方をオススメします。

IIJで提供されているサービスは良い面も悪い面もほとんどがDMM mobileでも提供されていますし、IIJとDMM mobileの回線速度を比べた場合、そこまで決定的な速度差がついているわけではなさそうです。

本家本元のD社とIIJレベルの速度差があるならばともかく、そこまでの差がないのであれば「業界最安値水準」を掲げているDMM mobileの方がコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか?

 

以上の「MNO」「MVNE」「MVNO」の関係性をおさらいした上で。。。

 

疑惑:mineoがMVNE?

もう一度先ほどの画像を見てみましょう。

f:id:futo-c:20160215235638j:plain

AプランやらDプランやら、果てはLaLa Callといったmineoで普段目にしているキーワードがずらりと並んでおります。

これを見てふと思ったのが「FiimoのMVNE元がmineoではないか?」との疑惑です。

 

元々mineoの運営母体であるケイ・オプティコム関西電力系の会社ですし、今回のFiimoも四国電力系のSTNetが運営母体のようです。

近からず、遠からずの関係に見えるのは気のせいでしょうか?

 

そして「Fiimo【フィーモ】とは」のページの一番下にあった、小さな文字の注意書きにはこのような記述が・・・

f:id:futo-c:20160216004022j:plain

 

似たような記述は、ソフトバンクに吸収されて「ソフトバンクのMVNO」的な立ち位置となったY!mobileでも確認できます。

f:id:futo-c:20160216004545j:plain

 

こうやって考えてみると、Fiimoってひょっとすると・・・?

 

まとめ

個人的には「なんだかなぁ・・・」が率直な第一印象です。

 

それこそDMM mobileのようにFiimoが頭一つ抜きん出た、何か他にはないサービスを提供していただけるのであればまだしも、現状確認できる範囲だと今回のウルトラスタートダッシュキャンペーンそのもの以外に旨みが見出せないのです。

しかもmineoで使えるフリータンク機能やパケットギフトといったサービスも、現状では確認できません。

hikiblo.hateblo.jp

 

それだと、現時点でmineo回線を利用しているふとしにとっては「別にmineoのままでいいやー」となってしまいます。

本当に「新規で半年900円割引」の恩恵を求めている人、にしか旨みがないですね。

 

それでいて「もし本当にMVNE元がmineoなら、今後回線速度はどうなるだろう?」といった心配すら沸き起こります。

現時点での利用者視点で見れば「他社に卸すだけの回線的余裕があるなら、それを“自社の安定した回線速度”という形で還元してくれよー」というのが本音であり、恐らくはIIJユーザーの皆様も思ってらっしゃることではないでしょうか?苦笑

 

今回のこの疑惑が杞憂に終わればいいですけどねー。

 

もちろん、新規でMVNO回線の契約を考えていらっしゃる方々であれば、現ユーザーの杞憂には一切目もくれず今回のキャンペーンを利用すると、少しお得に回線が利用できますので。笑

PR