ひきぶろ。

睡眠障害からの社会復帰を目指す、引きこもり(自宅療養)の実態を大公開!

第66回NHK紅白歌合戦の出場歌手一覧をみてつらつらと。

第66回NHK紅白歌合戦

 

昨日の夜の話ですが、司会および出場歌手が公式に発表されたようですね。

事前に「飛ばし」記事があったりしましたが、概ね予想された顔ぶれとなっているみたいです。

 

ではせっかくですので、その顔ぶれと注目歌手について「ひきぶろ。」なりに書いてみたいと思います。

 

出場歌手一覧

f:id:futo-c:20151127182408p:plain

縦に長い!笑

自分で作っておいてなんですが、公式のpdfファイルなりスクリーンショットなりで対応したほうが見やすかったかも・・・汗

公式pdf

 

この中で気になった方々について以後敬称略で書いていきましょう。

 

ジャニーズ枠

全て白組での出場で、嵐・関ジャニ∞SMAPSexy ZoneTOKIO・V6の6組に加え、近藤真彦(マッチ)を含めた計7枠が用意された模様です。

 

この中で個人的に一番びっくりしたのがV6の「出場回数:2回」という点ですね。

V6といえばもう20年くらい活動しているイメージなのに、言われてみれば毎年必ず用意されるジャニーズ枠には入っていなかったなあ、と。

歌唱力が無いわけでもなければヒット曲が無いわけでもなく、活動していないわけでもないですからね。

そのあたりは・・・何かしら大人の事情が絡んでいるのでしょう。笑

 

ゴールデンボンバー

まずは4年連続4回目の出場、おめでとうございます。

今年もきっと「女々しくて」なんでしょう。

 

なんとなく、ゴールデンボンバー(略して金爆)は、かつての美川憲一vs小林幸子で見られた豪華衣装対決のような、パフォーマンス枠でNHKサイドから重宝されているような気がします。

金爆自体、どうしても「V系エアバンド」「奇抜なパフォーマンス」という部分に目が行きがちで、必然的にお茶の間からは色物として認知されているように見受けられますが、楽曲自体のクオリティは非常に高いですから、今後も不祥事を起こさない限り紅白出場は当面安泰でしょう。

 

でもそろそろ「女々しくて」以外の曲も歌わせてあげてほしい気はする。

ま、うちにはテレビも放送電波を受信できる機器も意図的に排除して存在しないので、紅白当日はツイッターハッシュタグをひたすら追いかける事になりそうですが。笑

 

ところで今年の出し物はどうなるんでしょうね?

特別枠?企画枠?で小林幸子が復活!とどこかで見た気がするので、個人的には間奏(ギターソロ)のところで何か大掛かりな衣装を見てみたい気がします。

で、ラストのサビに入った瞬間衣装が取れて何かしらのオチがつく、みたいな?笑

ゴールデンボンバー 大阪城ホールLIVE「さよなら冬美」【GOLDEN BOMBER】 - YouTube

是非ともこのときの雪辱?を、5年の時を経て晴らしていただきたいです。笑

 

初出場組

紅組からは大原櫻子・Superfly・乃木坂46・μ's・レベッカ

白組からはゲスの極み乙女。BUMP OF CHICKEN星野源三山ひろし・山内惠介

以上双方5組ずつ、計10組が初登場だそうです。

 

この中ですと、レベッカはどうしてもフレンズのイメージが強いので、歌唱曲もフレンズになるでしょうか?

乃木坂46は・・・「のぎさか」じゃなくて「のぎか」と打たないと変換されないのね。笑

ゲスの極み乙女。も最近の躍進を考えると、若年層の取り込み(及び受信料徴収率の更なるアップ)を目論むNHKサイドとの思惑が一致した、と考えればよいでしょうか。

BUMP OF CHICKENは「このタイミングで!?」という意味で驚きです。

天体観測があれだけヒットしたにも関わらず、あるいはアーティスト側の意向もあったかも知れませんが、出場していませんでしたからね。

 

レジェンド

X JAPANが登場ですか~。

何を歌うかも気になりますが、それよりもやっぱり・・・首、大丈夫かな?苦笑

 

細川たかし和田アキ子の39回目コンビはそろそろ見納めとなるのか、今後もネームバリューで出場枠を確保できるのか。

そもそも演歌枠も例年通りある程度確保されているので、一応は全世代向けに人選を行っているのだなと感じさせられます。

 

まとめ

出場歌手が確定したので、ここからは何を歌うのか・どんなパフォーマンスを行うのかで色々と予想を楽しむ期間に入りました。

そして当日は是非ともふとしのためにハッシュタグ付きで実況ツイートをよろしくお願いします。笑

広告を非表示にする

PR