ひきぶろ。

睡眠障害からの社会復帰を目指す、引きこもり(自宅療養)の実態を大公開!

べ、別にBlackBerryに興味なんてないんだからっ!

余興

BlackBerry

何よそのストロベリーの出来損ないみたいな名前!

そもそもBlackBerryのクセに青とか赤とかのカラバリがあるなんて変じゃないの!

漢なら黙って黒一色で押し通しなさいよ!

カラバリ増やすならせめて緑でリューイーソー・・・ってバカっ!

そもそも白いBlackBerryって何なのよ!もはやホワイトベリーじゃないの!

もう夏祭りの時期なんかとっくに終わったわよ!

あんたが居た夏なんか知らないんだから!

 

でも・・・

在庫が復活したら・・・考えてあげなくも無いんだからね。

 

顛末

これまでにも散々「電話機における物理キーの重要性」を切々と説いてきたふとし。

 

hikiblo.hateblo.jp

 

hikiblo.hateblo.jp

 

hikiblo.hateblo.jp

 

これだけ物理キーに拘り続けている人間からすれば、先日の「BlackBerry Classicが正式に日本の技適を通過した」との一報は飛び上がるほどの喜びでした。

あくまでも「ただ物理キーがついている」だけではなく、OSが10になったことでBIS契約も必須では無くなり、Docomo社以外の格安simでもさほど不自由なく運用可能になったわけですから。

 

もちろんBIS契約を行わないと言うことは、これまでよりもセキュリティ面でグレーな部分が出てくると言うことですが、元々強固だったセキュリティが普通のスマホくらいになった・・・レベルではないでしょうか。

たぶん。maybe。

 

ただ単純に「物理キーがついている」ことだけに価値を見出すのであれば、ファーウェイ社のS42HWだってsimフリー機ですから候補には入るわけです。

ふとしが忌み嫌っているワンセグ機能も搭載されて「いません」し!

 

S42HW イー・モバイル [ブラウン]

S42HW イー・モバイル [ブラウン]

 

 

じゃあなぜ候補に入っていないのか。

・・・実は1年ほど前の一時期は候補に入っていたのですけれども。

ここまで書いてきておいて往生際が悪いと我ながら思いますが、諸事情によりあまり深くは言及しませんが、たった2つの理由で候補から外しました。

ここまでの流れでお察しください・・・とだけ。汗

 

(技適)こうかはばつぐんだ!

2週間ほど前の時点では、約44000円で販売中だとツイッターで教えていただきました。

関税がかかるといっても5万円でお釣りはくる。

ここ最近のハイスペックなスマホならそれくらいの値はしますし、BlackBerryの物理キーの存在はそれだけの価値があると勝手に思っています。

 

ただ残念なことに、ふとしは引きこもりです。

基本的にお外に出ません。

週に1回くらいしか外出しない「いま」のふとしに、約5万円のスマホは必要ないのではなかろうか。

引きこもりだからこそ、本当に必要なものにお金をかけたほうがいいのではないか。

2位じゃダメなんですか

 

そんな自問自答の末、勢いに任せて決済ページに進むのをギリギリのところで踏みとどまりました。

 

時は流れて2週間。

技適通過の一報が世を駆け巡り、ブラウザのブックマークに入れておいた販売ページには軒並み売り切れ/Not foundの文字。

やっとの思いで在庫があるページにたどり着いたと思いきや、そこにつけられている値は驚愕の64800円。

なんと2週間で2万円も値上がりしてしまいました。

 

「4万ジャストまで下がったら、ひょっとしたらひょっとするかも・・・?」

なんて心の奥底でぼんやり考えていましたが、現実は間逆。

どう見ても見通しが甘かったです。

 

教訓

まるで株価の変動を見ているような2週間でした。

株はこういう値の変動が1日で軽く発生するわけですよね。

ふとしはデイトレーダーには向いていないとつくづく実感させられました。

・・・そんな話だったっけ?

 

まとめ

もう新品が2週間前の水準まで値が下がって再入荷される・・・なんてシナリオは望めないでしょう。

ということは残念でも現実を受け止めねばなりません。

 

ふとしのBlackBerry入門計画、一旦中止!

 

そもそもいま使っているスマホWS027SH)って腐ってもWindows Mobileだし。

パソコンもWindows機だし。

メインで使っているフリーメールはhotmailoutlook)だし。

それならLumiaとかのWindows Phone/Windows 10 Mobileのほうが、データの同期という観点から見れば最適解となりうるわけだし。

 

負け惜しみじゃないもん。

 

でも、Windows 10 Mobile搭載のスマホが「もし」物理キー付きで登場したら・・・

・・・今回のように踏みとどまることは出来ないかも。苦笑

 

おまけ

japanese.engadget.com

FREETEL社のsimpleにこういう機能が備わっていたら即購入なのに。

でもこれだけの機能が搭載されると、simpleの開発コンセプトが根本から崩れてしまうという二律背反。

 

求めるものはユーザーそれぞれに別々なだけあって難しいでしょうね。

広告を非表示にする

PR